© 2018 by Young Hastle

■YOUNG HASTLE (ヤング・ハッスル) プロフィール

 

中学3年時にキングギドラに出会い、衝撃を受ける。ZEEBRAのスタイルに憧れると同時にUSヒップホップを吸収。

2002年にラップを始め、渋谷のクラブなどでライブ活動を展開。

一切のブレを感じさせない彼の性格が、アンダーグラウンドの現場で日々泥臭く戦うラッパーを沸かせ、厚い支持を受ける。

 

2010年6月、1stアルバム『THIS IS MY HUSTLE』をリリース。

自身のトレードマークである "VネックTシャツ” 偏愛ソング 「V-NECK T」が大ヒットし、颯爽とシーンに登場したヤングハッスル。

立て続けに「V-NECK T(V-MIX)」を発表、

同年12月には「V-NECK T」がAmebreak AWARDS 2010 BEST SONGS部門で堂々の第2位に輝き、

一躍 “V-NECK T” ブーム が巻き起こる。

2011年6月に発表した「THIS IS MY HUSTLE REMIX EP」では、

肉体美を誇る筋トレ・アンセム「Workout」のPVが話題となり注目された。

 

2012年7月、2ndアルバム『Can't Knock The Hastle』をリリース。

日焼け推奨ソング「Blackout」をはじめ、

収録曲のほとんどが実体験をラップに落とし込んだ純度の高さが多くのリスナーを虜にした。

 

2014年7月、自らのリターンを高らかに宣言した待望の3rdアルバム『RETURN OF THE HASTLE』をリリース。

磨き上げられた中毒性のあるヤンハス節がファンをうならせた。

 

日本語ラップ界随一の肉体美と言っても過言ではないその鍛え上げられたルックスは、

多方面で評価され、メディアや雑誌への露出も多い。

 

2015年、盟友 DJ TY-KOH、KOWICHIと共に FLY BOY RECORDSを設立.。

その第一弾として、同年11月、完全ストリート・マナーなミックスとして話題を呼んだ

DJ TY-KOHとのコラボミックスCD「TYH the Mixtape」をリリース。

"おんなのこ" に捧げる正真正銘のギャル・チューンからハードコア・シットまで、絶妙なセンスで作り上げている。

 

同時期、DJ TY-KOHを筆頭に『FLY BOY RECORDS LIVE IN CONCERT』と題された、KOWICHIとのツーマンライブを開催し、

豪華ゲストを招き大成功に終わる。

 

2016年、DJ TY-KOHとのコラボEP「TYH THE EP」をリリース。

"Hip Hop以外はやりたくない” という強烈なメッセージが詰まった「バイトしない feat. KOWICHI」がスマッシュヒットとなる。

 

同年、日本語ラップの伝説的なイヴェント「さんピンCAMP」が20年ぶりに復活した「さんピンCAMP20」

にFLY BOY RECORDSの仲間と出演を果たし、息のバッチリ合ったパフォーマンスで強烈なインパクトを残す。

 

2017年3月、”見た目二枚目 やること三枚目 これがハスバム四枚目” とヤンハス節全開の、4thアルバム「Forever Living Young」をリリース。

同年4月、自身初のワンマンライブ「Forever Living Young Concert」を開催し大成功に終わる。

同年6月、実に6年振りの新録 筋トレソング4曲を収録した「Gym Time The EP」をリリース。

同年8月、サマーチューン4曲収録した「夏が好き THE EP」をリリース。

 

日本語ラップシーンを代表する超個性派ハードライマー。

 

http://www.younghastle.com/

https://twitter.com/younghastle

https://www.instagram.com/younghastle/

https://www.facebook.com/younghastleyounghastle/

Young Hastle